代表システム(表象システム)


NLPの代表システム(表象システム)についてご紹介していきます。


このNLP資格のセミナーで学ぶ代表システム(表象システム)ですが、
コミュニケーションで相手に何かメッセージを伝える時、
相手にペーシングする時、相手の気持ちを理解する時など
意識すると効果的な内容です。


具体的には、NLPのV・A・Kは3つの感覚にわかれます。
3つの感覚は次の略称です。


V⇒視覚(Visual)

A⇒聴覚(Auditory)

K⇒身体感覚(Kinesthetic)


実は私たちは5感を使い、情報を受取り、イメージし、
伝達し、感じ取っています。




代表システム(表象システム)のKには、
5感の触覚、味覚、触覚の3つが含まれます。


NLP資格のセミナーで教わることは、
この3つのV・A・Kという感覚の中には、
優先的に使っているものがあるということです。


視覚タイプは、視覚を一番使っています。
聴覚タイプは、聴覚を一番使っています。
身体感覚タイプは、身体感覚を一番使っています。


コミュニケーションにミスマッチが起きる時に、
この優先的に使っている感覚の違いもあります。


NLP資格のセミナーでは、その点も学ぶことができるのです。


同じセミナーに出たとします。
「どうだった?」と感想を聞いたとします。


・未来への見通しがたった(視覚)
・素晴らしいヒントにつながる話を聞いた(聴覚)
・自分にもできることがまだあると確信した(身体感覚)


NLPのV・A・Kで学べることは、
感覚の違いは、表現の違いにもつながるのです。
ここを理解して、活用することで、今までは上手く
伝えられなかったメッセージを伝えられるようになるかもしれません。