NLP資格セミナー徹底研究|資格を取ることよりも、スキルを!


NLPスクールには、いくつか団体があって、
資格にも4つほどの種類があるようです。


名称は似ているのですが、
どの団体も基本的には違う団体です。


・米国NLP協会(リチャード・バンドラー氏)
・米国NLP協会(クリスティーナ・ホール氏)
・ニューコードNLP(ジョン・グリンダー氏)
・全米NLP協会(タッド・ジェームス氏)


実をいうと、どの団体も素晴らしいNLPを教えていることと思います。


しかし、わたしはあえてこのような事を言わせていただきます。



NLPを学ぶときには、スキルの修得で選ぶ!

この発言の真意には、色々な理由がありますが、
大きな理由として挙げることが出来るのが、
NLPは、公的な資格ではなく、民間の資格、ということです。


NLPスクールの中には、開発者の資格を押しているところもありますが、
それよりも自分にあっていて、いい勉強ができるか?
ということを基本的なところに持ってきて、勉強をする方がいいと思います。


NLPの資格を取ることよりも、仕事や普段の生活の中で、
心理学NLPを使って、結果を残すことに注力したほうがいいと、
わたしは思っています。


もちろん、資格は持っていることに越したことはありませんから、
まずはスキルの修得ができる団体を選んで、
その上で、資格を取得することができれば、いいのではないでしょうか。


この事がわたしがおすすめする、NLP資格の選び方です。


一番大切なことは、サイトの雰囲気からその講座を選ぶのではなく、
そのNLPスクールの事を客観的な事実に基づいて選ぶことがいいでしょう。