NLP用語集|メタモデル


人は、言葉や会話の中で、自分の言葉を
歪曲したり、変換したり、色々な意味付けを行っています。


その意味付けの事をNLPでは、メタモデルと言います。
メタモデルは、位置づけをすると、いくつでも仮定することができますが、


今回の記事の中では、特に有名なメタモデルについて、
解説をしたいと思います。


今回、紹介するメタモデルは、「一般化」、「省略」、「削除」の
3つです。


この3つを人は、無意識の中で行っています。
そして、自分自身の意味付けの中で行っているのです。


「一般化」⇒物事を一般化して、普通のものとして認識すること

「省略」 ⇒物事の詳細を省略して、自分が感じていることと
      書き換える事

「削除」 ⇒物事の詳細を削除して、自分が感じていることと
      書き換える事


人は、この3つの事柄を使って、
物事を一般化、省略、削除しているのです。


気づかないうちに、このような事をしていることが、
とても多いようです。


そして、この事は自分自身が思っている以上の効果を
感じることが可能となってくるのです。


自分がどのような「一般化」、「削除」、「歪曲」を行っているか?
その辺りの事を使っていることによって、
自分自身が感じていることを知ることができるようになってくるのです。


これが、自分自身が思っている以上の効果を感じることが
出来るようになってくるでしょう。


これが、NLPのメタモデルです。
自分自身が常に感じているモデルの使い方を
考えてみると、考え方のヒントが生まれるかもしれません。