NLPの基本 | 人の話を聞けていますか?


複雑化・高度化する現代社会において、
コミュニケーションスキルの重要性はますます高まっていますよね。

ここで、コミュニケーションが苦手な人の一つの特徴を挙げます。

コミュニケーションが苦手な人の特徴は、
人の話を聞くことができないことが多いです。



コミュニケーションが苦手な理由


コミュニケーションが上手くできない人や、
会話が上手く出来ない人、異性とのコミュニケーションに悩む人など、
私たちのコミュニケーションに対する悩みは絶えません。

公共機関が発表するデータでは、
コミュニケーション能力の重要性を示すデータが発表されています。

しかし、それでもコミュニケーション能力がない人が多いことが事実です。




良好なコミュニケーションを取るう上で、
有効と言われ、注目されているテクニックにNLPの「傾聴」があります。


傾聴は、もともとカウンセリングの人が使っていたテクニックです。
クライアントとの信頼関係を構築するときに、まずは人の話を聞いたのです。
これは、NLPの傾聴と呼ばれています。

傾聴が上手い人はコミュニケーション能力が高い傾向があります。


もともとは、カウンセリングで使われていたこのNLPの傾聴は、
わたしたちの実生活の中で、幅広く活用することができるのです。


例えば、仕事の商談の場面でも、使えますし、
一般的なコミュニケーションの場面でも、このようなNLPのテクニックを使えます。


初対面の人との信頼関係を構築するには、
NLPのテクニックうんぬんの前に、相手の話を
一生懸命、聞くことに注力しましょう。


あなたは、人の話を聞けていますか?
自分だけが勝手に話してしまう結果となっていませんか?

普段の自分を省みてみましょう。


傾聴の視点を持つと、
コミュニケーションのステージがいくつも変わってきます。