NLP用語集|学習の5段階


NLP資格のセミナーでは、学習の5段階というものがあります。


NLPの学習の5段階とは、私達が何か新しく学ぶ、
あるいは取り組むなどの際に、効果的な学習の基準となるものです。


まず、NLPの学習の5段階をご紹介します。

1、無意識的無能状態
 ⇒何かを学ぶことの必要性を感じていない、気づいていない状態です。
  当然、能力的にも無ですので、成果には結びつかない段階です。

 ⇒車の運転でしたら、その必要性に気づいていない、
  もしくは必要のない段階です。

 


2、意識的無能状態

 ⇒自分にとって必要なテーマが見つかり、意識的な行動や、
  意識的に学習もしている状態です。
  しかし、まだ望んでいる成果を出せていない状態です。


 ⇒まだ、自動車の教習所で頑張っていますが、
  路上に出るような運転テクニックは、身についていない状態です。

 


3、意識的有能状態

 ⇒意識的な行動や学習の積み重ねが、結果に結びついている段階です。
  もしくは、結びつき始めた段階です。


 ⇒ついに、路上で車を運転できる段階です。
  同時に、意識しなければまだ危うい面は多々あるのかもしれません。

 


4、無意識的有能状態

 ⇒無意識に、結果を出せる行動や能力を発揮できる段階です。
 ⇒この状態こそが、結果を出せる状態です。
 ⇒車を当たり前のように運転しています。
  空気を吸うように、ごく自然に運転ができるのです。

 ⇒つまり、仕事や人生で望んでいる結果を出せる段階です。

 


5、人に教えることの出来る段階(3番と4番を同時に使えます)

 ⇒人に教えることができるレベルまで、深い認識も出来ているということです。

 


このNLP資格のセミナーで学ぶ、NLP学習の5段階を意識することで、

・今、自分が意識的に、行動や学習を積み重ねる段階なのか?
・人に教えられるように学びや認識を積み重ねる段階なのか?
・今は結果が出せていないけど、時期に出せるようになるための忍耐の時期なのか?

などのように、自分の置かれている状態や取り組み方の課題などを、
NLPの学習の5段階では、知ることができるのです。