NLP資格セミナー徹底研究|団体ごとの傾向、参加者の傾向と違い


それぞれのNLPスクールによって、
教えている内容にそれぞれの特徴があります。

ですから、NLPスクールごとに集まる参加者にも違いが出てきます。

こんな人達と学びたい、
これも、NLPセミナーを選ぶときには大事な視点の一つです。

人によっては、選び方を間違えてしまい、
自分と全く畑違いの人と学ぶことになってしまい、
終始違和感を感じたまま、NLPセミナーに参加することになってしまうことでしょう。

それぞれのNLP団体の違い


コミュニケーショントレーナー協会は、
悩み解決などセラピーに強みがあるので主婦の参加が目立ちました。


NLP研究所は、
カウンセリングが得意としているからか
医療関係者や主婦が多かったです。


NLP‐JAPANラーニング・センターは
ビジネス系の方が多いですね。


ヴォイスは、
ベーシックな内容でバシャールなどの人気からか
スピリチュアル系が多い。


シナジープラスは、
意外にスピリチュアルな内容が多く癒し系の人が多し。


日本NLP学院も
スピリチュアル系が多かったですね。
無意識に関する情報が多いせいかと思われます。


心につばさをは、
ベーシックな内容で会社員、主婦が目立ちました。


NLP感性研究所も
ベーシックな内容で会社員、主婦が目立ちました。




簡単に言いますと、NLP団体ごとに、このような参加者の人の違いがみられました。