認識することで変わるセルフイメージ


セルフイメージは認識を変えると変わり始めます。

具体的には、自分が何を持っているのか?
ということに気づくことができると変わります。
では、具体的なお話をしていきます。


自分に質問(問いかけ)をしながら行ないます。
特に問いかけたいことは、今のあなた自身が持っているものに関して、
質問を投げかけてみることです。


多くの場合、NLPセミナーのプラクティショナーコースで学ぶ
セルフイメージが低い原因、下がる原因は次のようなことです。

・自分自身に可能性を見いだせなくなった
・自分は何も持っていないと認識している
・失ったものや持っていないものにフォーカスしている

などです。
この状態においては、とても後ろ向きになり、思考も行動も
マイナスのネガティブな状態になっています。

では、この状態から切り替えるためにはどうしたらいいのでしょうか?
気分を切り替えることで、NLPでいうセルフイメージが元に戻り高まる。
ということはよくあります。

同時に、それだけでは元に戻らない、一時的なものだという場合は、
これからご紹介する内容を試して下さい。変化を起こすことができます。
これは、NLPセミナーのプラクティショナーコースで学ぶ内容にありますが、
ニューロ・ロジカル・レベルの自己認識レベルからの変化です。


このような問いかけをします。
「人に与えることができるものは何だろうか?」です。

自分の中に与えることができる何だかの資質を見出した時に、
変化が始まります。もし仮に今の質問では「持ってないよ」と
思ってしまう場合は、こういう質問にしてみましょう。


「もし仮にあるとしたら、人に与えることのできるものは何だろうか?」
NLPセミナーのプラクティショナーコースでは、アズ・イフフレームという
仮定の話を前提にした質問のスキルを学びますが、それを使います。

仮の話を前提にしていますので、質問に答えやすくなります。
そして多くの場合は、仮の話で出したその答えを見て気づきます。
「私にもあったんだと」

このような認識の積み重ねが、NLPでいうセルフイメージを高めてくれます。