おすすめ本 |『戦略的話術 ~オバマに学ぶNLPプレゼンテーション~』


NLPを勉強している政治家の方は、結構いるようです。
NLPとは言わずに、心理学という範疇に収めることができれば、
勉強している人は99%となるのではないでしょうか。


もしかしたら、100%をといっても、過言では無いと思います。
討論は、心理戦ですし、支持者の心をつかむためにも、
心理学を使いますし・・・。


ヒットラーも、心理的なテクニックを使うことが、
とてもうまかったといいます。


この『戦略的話術』も、NLPの書籍なのですが、
その心理的な部分のプレゼンーションにフォーカスした、
内容で書かれています。


ちなみに、この書籍によると、
アメリカ合衆国の大統領のオバマ大統領も、
NLPを勉強しているとか。


確かに、書籍を読んでいると、
具体的にどのような手法を使っているのかが、
わかってくるので、とても興味深いものです。


実際に、オバマ大統領を思い浮かべたわけではありませんが、
自分の周りのひとでプレゼンテーションがとてもうまい人がいます。


その人の事をイメージして、具体的にどのような手法を使っているのかを
イメージするのです。


そうすると、「なるほどね~」といった感じで、
納得することがとても多かったです。


「あの人は、このようなテクニックを使っているのか・・・」とか。


この書籍を使って、無意識ですごいと感じていた事を
認識して、その上で自分に当てはめることができたらいいな、とおもいます。


実際に、使ってみていますけどね。
『戦略的話術』でした。

戦略的話術 ~オバマに学ぶNLPプレゼンテーション~
戦略的話術 ~オバマに学ぶNLPプレゼンテーション~
二階堂 忠春 (著), 田中 千尋 (著)
価格:1,470円
amazon.co.jpの詳細ページへ