チームの力を目標に集中させるポイント



NLPをマネジメントで使いましょう。


NLP資格のセミナーでは、チームを一丸にするための基礎を学ぶことができます。
重要なのは、アウトカム・フォーカス・共通認識と共通言語です。
たくさんの必要要素はありますが、まずは上記の4つを大切にします。


上記には書いていませんが、アウトカムの中には、役割分担、期限、
アクションプランなどの要素が含まれています。



これらを学ぶことで、どんないいことがあるのかをご紹介します。

・目標に集中しやすい状態の作り方を部下に伝えることができる。
・目標に集中するためのフレームを部下に伝えることができる。
・部下が上司になった時に、目標に集中したチーム作りをすることができる。
・チームの状態を見直す・確認するときに、分析するフレームを学ぶことができる。




NLP資格のセミナーで学ぶスキルは、スキルとして効果的です。
それ以上にNLPの価値を感じることができるのは、フレームとして見た時です。
フレームとは、ものの見方です。



フレームとしてNLPを見ていくと次のように使えます。

・今までよりも、結果をだす。
・結果に対して、今までよりも最適な気持ち、行動、思考、アイデアを生み出す。



では、アウトカム・フォーカス・共通認識と共通言語について、
シンプル過ぎて申し訳ないですが、ご紹介します。

◯アウトカム⇒結果を含めて、ゴールを手に入れた時の状態を描きます。

◯フォーカス⇒どこに思考を集中させるかで、出てくる成果が変わります。
         意識的な効果、無意識の効果の両方に関係してきます。

◯共通の認識と、共通言語を持つ
 ⇒コミュニケーションが円滑になります。
  同じ言葉を同じ意味としてとらえて使いますので、チームに一体感が出ます。
  更に、思考を集中させやすくなります。


NLP資格のセミナーで学ぶこれらのポイントを、フレームとして使います。
今まで見えていなかったものが、見えるようになります。


ご自身の環境に置き換えると、どのように使えますか?