上司であるあなたの信頼性を高める



NLPをマネジメントで使いましょう。


NLP資格のセミナーでは、マネジメントに役立つ内容を学びます。
自分自身が変化することで、部下からの信頼を勝ち取ることができます。
あたり前だと言われそうでうが、現実は自分の変化よりも、
部下に変化を求める上司が多いのです。


しかし、マネジメントする側として考えた場合、最適な選択でしょうか?



こんな言葉があります。誰の言葉かはわかりませんが、
「人の利他性は相手によって変わる」です。


同じ人でも、ある人に対しては、愛情深くとても大切にします。
しかし、別の人には、クールにドライに接することがあります。
人によって関わり方を変えるその人が悪いわけではありません。


人の利他性は誰と関わるかで変わります。
上司であるあなた自身の魅力が部下の反応を変えます。
部下を変える前に、信頼を寄せるに足る自分に変化する。

これが先決です。



NLP資格のセミナーでは、自分自身を変化させる際に、
留意すべきポイントを教えてくれます。



例えば、NLPを活用するなら、以下の要素を挙げることができます。

1、ラポール
2、リソース
3、セルフイメージ
4、ビリーフ
5、コミュニケーションスキル(自己重要感)



この5つの視点から変化していく時、部下の反応は変わります。
変化させている過程から、あなたを見る部下の目が変わります。


NLP資格のセミナーで学びながら、それを肌で体感する方は多々いらっしゃいます。

・「◯◯さん、最近雰囲気が変わりましたね」という言葉をかけられた方。
・部下の方から、接触する機会が増えた方。

・指摘・依頼・お願い・指導に対する部下の反応や表情の変化もあります。
 行動にも変化が起きてきます。



もう一度ポイントをお伝えします。
NLP資格のセミナーで学べる、ラポール・リソース・セルフイメージ・
ビリーフ・コミュニケーションスキル(自己重要感)は、
大きな学びと変化の価値をもたらしてくれます。