NLPの歴史はとても奥深かった・・・


NLPとは、どのような背景があって出来上がったのでしょうか?


実は、NLPプラクティショナーをこれから学ぶ人も、
既に学んだ人も、NLPの歴史を知ることで、
学びを深めることができます。


恐らく、学ぶ前に歴史を知ることで、
学ぶ前から確信を持つことができることでしょうか?


そして、既に学ばれた方でしたら、
歴史を知ることで、活用する際に深みや
成果の質を高めることができるようになります。


具体的には、ラポールテクニックを例にとると分かりやすいです。


NLPのラポールテクニックとは、相手との信頼関係を気づくための
調和を取ることを目的としたコミュニケーションの方法です。


ただし、形だけ真似するだけでも、コミュニケーションで
効果を発揮するラポールテクニックですが、
NLPの歴史を知ると、使い方が変わってきます。


NLPは1970年代のアメリカで、
セラピーから生まれました。


そこには、精神的にいろいろと
問題を抱えていらっしゃるクライアントさんが背景にあります。


例えば、精神的なストレスやトラウマを抱える人達が、
どうしたら安心して、心を開いてくれるのか?


そのようなアプローチをしていくことで、
心を満たして癒していくことができるのか?


そのような様々な背景で結果を出してきた考え方や
手法などの背景があってこそのNLPなのです。


その背景を知ることで、
・どうして相手の話し方や身体の動かし方に合わせるのか?
・より効果的に使うにはどうしたらいいのだろうか?


ということを深く認識し理解することができるのです。


それを通して、私たちはラポールテクニックを
更に使いこなすことができるようになるのです。


NLPセミナー団体(比較表)について知りたい方はこちら
http://www.nlp-seminar.jp/#ranking