NLP,プラクティショナー

クリントン大統領は、NLPトレーナーを5人も雇っていた


アメリカ合衆国のクリントン元大統領も、
NLPを活用していたと言われています。


その際に5人のトレーナーさんに
自分のブレーンになってもらい、
磨きをかけていたそうです。


では、NLPを学ぶことで、
あのような職責の方がどこに役立てることが
出来るのでしょうか?


それは、講演、演説、プレゼン、コミュニケーションです。
仕事や立場がら、人に影響を与えつつ、説得力をもつことが
とても大切になります。


その為にどうしたら良いのか?


そこには幾つかのNLPのテクニックや考え方が存在しています。
NLPプラクティショナーを受講した方は、どうして結果を出していくのか?


その理由の一部もここにあるのです。


・短時間で信頼を築くためのラポール
・多くの方の心に、メッセージを浸透させる話し方
・説得力のある立ち振る舞い
・感情を喚起させる話し方や言葉の使い方と選び方


いかがでしょうか?
他にも、様々な要素が存在しています。


NLPプラクティショナーやマスタープラクティショナーを
学んでいく中で、文章力が高まる方がいらっしゃいます。


それはNLPを学ぶことで、
影響力や説得力を持つメッセージを作り込むことも出来るからです。
そして、それをプロが磨き上げて、演説などの原稿になるのでしょう。


また、伝え方の面では、
その場で盛り上げつつ、あとからじわりじわりと
心の奥に響くような話し方をしていきます。


そこに必要なイメージの活用や、
言葉の選択や、比喩、引用などの
全ての要素を効果的に使っているのです。


そして、それは私たちの仕事や人生にも、
活用することが出来るのです。


NLPセミナー団体(比較表)について知りたい方はこちら
http://www.nlp-seminar.jp/#ranking