NLPで記憶をコントロールする方法


NLP講座を受講すると、記憶に関しても学べるって本当ですか?


はい、本当んです。
ただし、記憶を高めるためのツールというよりも、
自分の過去の体験や経験で出来た、記憶のイメージを
変換させたり、意味付けを変えていくことが、
NLP講座で学ぶ記憶に関する内容です。


もちろん、何かを記憶するために行うテクニックもあります。


今回の話しでは、それとは別に記憶のイメージや解釈に
変化を与えていくことで、自分の内面が変わってくる
方法を学んでいきましょう。


それをすることで、私たちはより自分らしく、
必要以上に恐れや不安を抱えることなく、
自然体で生きやすくなってきます。


それは、人生、ビジネス、男女関係、
家族や人間関係などで、役立てることが出来るのです。


そんなことを一緒に見ていきましょう。


まず、知っておくといいのは、
自分の記憶とイメージの関係です。


視覚的なイメージに、当然音や声などの聴覚的なもの、
更に自分の感情や熱い、寒いなどの身体で感じる感覚などが、
伴っていたのではないでしょうか?


私たちは、イメージの内容に基づき、人ぞれぞれ
感じるものや意味付けも変わってきます。


つまり、イメージと記憶には関係があり、
そのイメージや記憶が、私たちのものの見方や考え方に
影響を与えているのです。


NLP講座のワークでは、過去の嫌な体験で出来たイメージの影響が、
癒されていないと、現在にも影響をあたえることを体験できます。


その逆もそうです。いい体験がもたらすイメージが、
自分の心の糧になり、ずっといい影響を与えてくれたりします。


NLP講座では、そのイメージからくる感覚や感情などを変えるために、
・ものごとの意味付けや解釈を変えていく質問やリフレーミング
・イメージを変換させて、いくサブモダリティチェンジ、
・心の中の葛藤を癒したり統合する肯定的糸の統合などを
 体験を通しながら、学ぶことができます。


NLPセミナー団体(比較表)について知りたい方はこちら
http://www.nlp-seminar.jp/#ranking