NLPを研究している人がいます


NLPトレーナーさんには、
常に研究している方がたくさんいらっしゃいます。


・どうしたらもっと効果的に使うことができるのか?

・さらに効果的な使い方をするにはどうしたら良いか?

・このテクニックやスキルにはどういう使い方や本質があるのか?

・この書籍の内容をNLPに活かすなら?

・この出来事はNLP的な視点で分析するとどうなんだろう?


いかがでしょうか?
私たちが、自分の望んでいる結果に向かう際ですが、
先ほどのような質問を自分に投げかけることは多いかと思います。


NLPトレーナーさんたちは、
それを自分のビジネスやライフワークにしていますから、
尚更、追求して行っています。


そして、NLP資格のセミナーの質を常に向上させているのです。


トレーナーの方にお話を伺いますと、
NLPの良さもさることながら、NLPではできないことも明確に認識しています。


例えば、
・NLPとコーチングの違いを認識することで出てくること
・セラピーとNLPの共通と違いの認識
・実体験と受講生の方の事例から学んだこと


たくさんあります。


その中に、アメリカのNLPマスタートレーナーの様々な面々がいます。

第2世代や第3世代のNLPとも言われているもの、
メタプログラムの進化系と言われているLABプロファイル
人間のアイデンティティについて学ぶニューロ・ロジカル・レベルなどです。


常に、その一部や全体の中身に磨きをかけていき、
結果的に進化系や新しい学びの体系化が起きているのです。


NLPセミナー団体(比較表)について知りたい方はこちら
http://www.nlp-seminar.jp/#ranking