NLPの本でおすすめの本とは?


やはり、NLP資格に興味をお持ちの方は、
書籍にも、興味をお持ちかと思います。


では、どんな書籍がいいのかといいますと、
人により変わります。


世の中には、NLPの書籍はたくさんあります。

◯その時に、何を求めているのか?
◯どれくらいの知識があるのか?
◯NLP資格のようなセミナーに出た経験はあるか?


とういうようなことが大切になります。


例えば、NLPタイムラインセラピーという本は、
NLPを学び始めた方にとっては、理解しやすいかもしれません。


同時に、学んでいない人にとっては、わかりにくいかもしれません。


しかし、NLPトレーナーさんのレベルになると、
この本はいい本だと言われます。


他にも、日本一やさしいNLPの学校という
書籍がありますが、この本は分かりやすいです。


NLP資格のセミナーを受けた方なら、
復習用にも使えますし、これからセミナーを
受けてみようかなと思っている方にとっては、
予習にもなることでしょう。


同時に、NLPトレーナーさんの場合は、
人にもよりますが、当たり前のレベルに達していますから、
もっと深い内容が読みたいと思うかもしれません。


何をお話したいのか?


それは、自分の今のNLPに関するレベルによって、
読んだほうがいい本は変化するということです。


ですから、どの本がいいですか?
と質問されたとしたら、まずは、
目的を聞かせていただくほうが伝えやすいのです。


そして、NLPの書籍は、コミュニケーションに特化したものや、
セラピー適要素に特化したものだったり、言葉に特化したものや、
いくつかの要素を取り上げたものがあります。


自分にあったものを探してみましょう。


NLPセミナー団体(比較表)について知りたい方はこちら
http://www.nlp-seminar.jp/#ranking