職場の活気と、スタッフの自発性を引き出すには?



NLPをマネジメントで使いましょう。


NLP資格のセミナーでは、コミュニケーションについて学びます。
コミュニケーションの本質や基本、実践的スキルを学べるのがNLPです。
コミュニケーション能力に困っていないと考えていた方が、変化します。


まず最初に学ぶのが、「ラポール」です。
ラポールは信頼関係という意味です。


NLP資格のセミナーでは、コミュニケーションの基本として大切にしています。



ラポールを意識したある経営者さんは、自分はコミュニケーションは出来ている。
マネジメントを出来ていると考えていました。


しかし、NLP資格のセミナーで学んだラポールを実践してから変わりました。
ご自身・経営する飲食店のスタッフ・店内の雰囲気がも変わりました。

自発的なやる気を感じられないスタッフたちがほとんどでしたが、
自発的にアイデアを出して、積極的に行動し、声を掛け合うようになりました。


理由は、ラポールを意識したことです。
スタッフとの関係づくりを、NLPの基本にそって実践した結果、
活気のない店内の雰囲気が、活気のある掛け声のある店内に変わりました。


この現象が起きた背景には、NLP資格のセミナーに参加した経営者さんが、
スタッフとの関係を意識的に築いたことです。


そこで打ち解け、笑い合うことができ、お互いの気持ちに変化が起きました。
経営者・スタッフの気持ちの変化が、店内の雰囲気の変化をうみました。
お客様の反応、滞在時間、リピーターの数も良い方へ変化しました。



関係づくりを意識する。「あたり前のことでしょ」と言われそうです。
このあたり前の取り組みを真剣に行った時、変化が起きました。
ご自身の環境に置き換えると、どのように使えますか?