NLPの第3世代NLPとは?


もしも、NLPプラクティショナーを学ぼうとお考えでしたら、
もしかしたら、NLPには第2世代や第3世代と言われているものが
あることはご存じの方もいらっしゃるかもしれません。


この第3世代や第2世代と言われてしまいますと、
受講する側にとっては、迷いませんか?


ですので、簡単に第3世代のNLPとは何か?
シンプルにご紹介していきます。


まずは結論ですが、大切なのは第2世代や第3世代ではありません。
どこの団体で学び、誰から学び、どう活用するかだけです。


では、世代の違いですが、
第3世代のNLPとは、1990年以降に、組織的にも、
ビジネスや自己啓発の視点も取り入れたものに進化したのです。


特に、心・身体・場の3つをシステム的にとらえるようになったことが、
第3世代NLPの特徴といえます。


代表する人物としては、
タッド・ジェームス、ロバート・ディルツ、タマラ・アンドレアス、
コニレイ・アンドレアス、マイケル・ホールなどがあげられます。


では第3世代はいいのか?
と言われますと、とてもいいです。
しかし、全然内容が違うわけではありません。


しかし、第3世代の方が現代にあった学びを得やすいのは間違いないのです。


けれども、日本でNLPプラクティショナーを学ぶ際は、
団体と講師が要になると思っていたほうがいいのです。


後は、皆さんがNLPプラクティショナーを学ぶ際に、何を求めているのか?
そこが大切です。


しかし、基本と進化の両方を学べるほうが
やはりいいのかもしれません。


同時に、一番大切なことは、私たちが自分にとって、
望んでいる結果を出すことです。


そこに意識を集中して学んでいきましょう。


NLPセミナー団体(比較表)について知りたい方はこちら
http://www.nlp-seminar.jp/#ranking